2018年5月6日

青森から東京まで被災地をつなぐ 「未来への道 1000km縦断リレー2018」開催決定!

「青森から東京まで被災地をつなぐ 「未来への道 1000km縦断リレー2018」開催決定!」の画像

東京都及び(公財)東京都スポーツ文化事業団は、今年で 6 回目となる「未来(あした)への道 1000km縦断リレー2018」を開催します。「復興の地を、走ろう。復興とともに走ろう。未来に向かって走ろう。」をスローガンに、東京 2020 オリンピック開会式 2 年前に当たる平成 30 年 7 月 24 日(火)から 8 月 7 日(火)までの 15 日間、開催します。

「未来(あした)への道 1000km縦断リレー2018」

青森から東京まで、東日本大震災の被災地域(全長約 1,300km・約 150 区間)をリレー形式でランニングと自転車でつなぎ、復興へ向けた取組などを発信することで、東日本大震災の記憶の風化を防ぐとともに、全国から集まる参加者と被災地の方々の絆を深めることを目指します。

「青森から東京まで被災地をつなぐ 「未来への道 1000km縦断リレー2018」開催決定!」の画像

豪華な「1000km縦 断 リ レー ・ ア ンバ サ ダ ー 」・ゲストランナー

リレーへの参加や広報 PR 活動など、豪華なアンバサダーが大会を盛り上げます。

・朝原宣治さん(北京五輪・100mリレー/銅メダリスト)
・高橋尚子さん(シドニー五輪・女子マラソン/金メダリスト)
・山本篤さん(リオパラリンピック・走り幅跳び/銀メダリスト)
・山本博さん(アテネ五輪・アーチェリー/銀メダリスト)

また、今年も多くのトップアスリートや著名人の方々をゲストランナーが参加。各地でのリレーに参加します。

2018 年の主な取組

① 都内コースで大会を盛り上げ

都民による東日本大震災被災地復興支援の一層の気運醸成を図るため、都内コースが充実しました。
これまでの都内区間距離が 7km から 40km へ約 30km に延び、中継所も4 か所増設。また、グランドゴール会場となる駒沢オリンピック公園では、被災地の PR を目的に、復興支援関連プログラムを実施されます。また、2 年後に控えた「東京 2020 大会」への気運醸成を図るため、都内競技会場となる有明地区、品川地区がコースに取り入れられます。
※復興支援関連プログラムの詳細は、決まり次第公式ホームページで公開。

② 被災地で大会盛り上げ

スタート・ゴール会場や中継所等で、地元の児童生徒による歓迎演奏や歓迎装飾、参加者やゲストが地元の方々との交流を目的に実施するウェルカム交流イベント、郷土料理のふるまいやゲストランナーとの記念撮影など地元の方々による応援や郷土芸能の紹介など地元 PR が実施されます。
※ウェルカム交流イベントの日時・場所については別添の募集要項をご参照ください。詳細は決まり次第公式ホームページで発表。

2017 年の実施例

参加者募集

【開催日程】2018/7/24(火)~8/7(火) 全15日間
【募集期間】 2018/4/26(木)~5/31(木)まで
【募集人数】約1300名(ラン:約1200名、自転車:約100名)

現在参加者を募集しています。エントリーはこちらから。
公式ホームページ http://www.1000km.jp/

また、公式ホームページにはアンバサダー、ゲストランナー及びスタート・ゴール会場でのイベント情報などが順次公開されます。

お問い合わせ
『未来(あした)への道 1000km 縦断リレー2018 参加者事務局』
電話:03-3255-5613 (平日 10:00~17:00)
FAX: 0120-37-8434
E-mail: info@1000km.jp

関連記事

Runtrip編集部が執筆した記事