2017年6月14日

データ分析・コーチング機能まで備えたGPSランニングウォッチ「Polar M430」が7月に発売へ

「データ分析・コーチング機能まで備えたGPSランニングウォッチ「Polar M430」が7月に発売へ」の画像
Pocket

手首型6LED光学式心拍計を搭載したGPSランニングウォッチ「Polar M430」発売へ

「データ分析・コーチング機能まで備えたGPSランニングウォッチ「Polar M430」が7月に発売へ」の画像

手首型6LED光学式心拍計を搭載し、効率的なトレーニングのコーチング、自己ベストを更新するサポート機能を活用できるGPSランニングウォッチ「Polar M430」がポラールより発表されました。レースに向けたトレーニングメニューを自動作成し、トレーニングの目標を達成した際には、バイブレーションで通知してくれます。また、51gと軽量で、30mの防水機能を備えています。

「Polar M430」の発売日は7月中を予定、オンラインストアを含む全国のポラール製品正規取扱店で販売となります。価格は29,800円(税別)です。

「Polar M430」の機能詳細

M430には、スポーツ全般に利用できる手首型6LED光学式心拍計、GPSを内蔵し選択したスポーツに合わせてトレーニング結果をフィードバックする機能を搭載しています。さらにランニングに必要なスピード、距離、ラップタイム、ストップウォッチ機能が備わっています。

「データ分析・コーチング機能まで備えたGPSランニングウォッチ「Polar M430」が7月に発売へ」の画像

さらにM430は、データを正確に計測できるだけでなく、データを分析し、次のアクションにつなげるコーチング機能を有しています。独自のスマートコーチング機能でトレーニング結果のフィードバックを行い、ランニングプログラムで次のトレーニング内容を指示するのが特徴です。この機能は無料のWebサービス、アプリの「Polar Flow」で詳細を確認することができ、M430は「Polar Flow」と共に利用することでランニングコーチへと変わります。また、指示されたトレーニング内容の解説を見ることもできます。主な機能は下記です。

ランニングプログラム
レース当日の日程を登録するだけで、今までのトレーニング実績や、最近の運動量に基づき、すぐにユーザに合わせたランニングプログラムを作成します。M430にプログラム内容が表示され、ユーザは設定された距離や心拍ゾーンに合わせたトレーニングを行います。Polar Flow上では、ランニングメニュー以外にストレッチや体幹トレーニングの動画を見ながら行うことができます。

ランニングインデックス
心拍数とランニングスピードからランニング走力を確認することができる数値です。継続的に計測することで走力の向上を確認できます。

フィットネステスト
有酸素能力を測定し、数値で確認できます。継続的に計測し数値の変動を確認することで、有酸素能力の向上を実感できます。従来、胸ストラップ心拍センサーが必要でしたが、M430から手首の光学心拍計で測定ができるようになりました。

トレーニング効果
トレーニングセッション終了後すぐに、トレーニング効果をフィードバックし、効果内容を確認できます。

Polar M430 製品概要

「データ分析・コーチング機能まで備えたGPSランニングウォッチ「Polar M430」が7月に発売へ」の画像

:ホワイト、ブラック、オレンジ
バッテリー:GPSと心拍計使用時で8時間、GPS省電力モードで30時間連続使用が可能
希望小売価格:29,800円(税別)
発売予定日:2017年7月予定

ポラールについて

Polar Electro(本社:フィンランド、設立:1977年)は、1982年に世界ではじめてトレーニング用心拍計モニター装置を開発した、心拍トレーニングのスペシャリストです。同分野のリーディングカンパニーとして約40年にわたり、徹底的な研究・分析に基づく革新的な製品を世に送り出してきました。その製品の正確さと性能の高さ、優れた心拍数モニター機能はトップアスリートや専門家に認められ、世界中で使われています。現在、世界80カ国以上で販売されています。ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社は、ポラールの100%子会社として2009年3月に設立されました。心拍トレーニング講習会などの日本国内における様々な活動を通じて、スポーツにおける心拍トレーニングの重要性をアスリートや一般の方へ広く訴求しています。

公式ホームページ:http://www.polar.com/ja

「データ分析・コーチング機能まで備えたGPSランニングウォッチ「Polar M430」が7月に発売へ」の画像
Pocket

関連記事

Runtrip編集部が執筆した記事

Runtrip via