2017年3月14日

名古屋ウィメンズマラソンで贈られたのはティファニーのオリジナルデザイン

「名古屋ウィメンズマラソンで贈られたのはティファニーのオリジナルデザイン」の画像
Pocket

ティファニーが手がけた完走者用ペンダントや入賞者用トロフィーを、女性ランナーのセレブレーションの証に授与

3月12日(日)に開催された「名古屋ウィメンズマラソン2017」の完走者に贈られたオリジナルペンダントと、入賞者に贈られたトロフィーやメダルのデザイン・制作をティファニーが行いました。

ティファニーが提供するペンダントやトロフィーには、今年も「名古屋ウィメンズマラソン」にふさわしいオリジナルのモチーフが用いられています。

「名古屋ウィメンズマラソンで贈られたのはティファニーのオリジナルデザイン」の画像

「名古屋ウィメンズマラソン2017」の完走者に贈られたペンダントは、愛知県が全国一位の産出額を誇るバラの花をモチーフに描いた、本大会オリジナルのデザインです。素材にはスターリングシルバーが使用され、美しく情熱を持って人生を駆け抜ける現代の女性をイメージした、エレガントなペンダントトップに仕上げられています。

ペンダントの裏面には大会ロゴのデザインにも活かされている「GO WOMEN」のメッセージと年号が刻印され、更に完走タイムをエングレーブ(彫刻)できるスペースがとられています。

この完走者へのペンダントは、 ティファニーのブルーボックスに包まれ、ゴール地点であるナゴヤドーム内のフィニッシュゲートのすぐ先に設置された「ティファニー ゲート」で、素敵な笑顔でランナーをエスコートするためのメンバーとして結成された「おもてなしタキシード隊」により、祝福されながら手渡されました。

「名古屋ウィメンズマラソンで贈られたのはティファニーのオリジナルデザイン」の画像※完走タイムのエングレービングは、 大会後8月末まで、 全国のティファニーブティックで有料サービスとして受け付けています。

「名古屋ウィメンズマラソン」の入賞者に贈られたトロフィーは、大会ロゴの他、大会のコースマップ、レースのスタート地点・ゴール地点であるナゴヤドームと、名古屋城などのモチーフがエングレーブされたデザインです。1位から3位までは凜とした輝きを放つスターリングシルバー製のトレイ、4位から8位まではクリスタル製のディスク状のトロフィーになっています。

一方、「名古屋ウィメンズマラソン」の入賞者に贈られたメダルは、表面には名古屋市の花であるユリのモチーフを、裏面には大会のロゴを配したデザインです。1位はバーメイル製、2位はスターリングシルバー製、3位はブロンズ製のメダルになっています。

「名古屋ウィメンズマラソンで贈られたのはティファニーのオリジナルデザイン」の画像表彰式でメダルを身に着けた1位のユニスジェプキルイ・キルワ選手(バーレーン)【左】 2位の安藤友香選手【中央】 3位の清田真央選手【右】

2014年より始まった「名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン」の入賞者に贈られたトロフィーも、ティファニーが手がけています。競技用ホイールチェアのイラストをはじめ、レースのスタート地点のナゴヤドーム、ゴール地点のパロマ瑞穂スタジアム等がモチーフとしてエングレーブされた、ディスク状のクリスタル製トロフィーが、1位から3位までの入賞者に贈られました。 更に、2016年より新設されたシャイニングヒロインアワード受賞者にも、ディスク状のクリスタル製トロフィーが贈られました。

「名古屋ウィメンズマラソンで贈られたのはティファニーのオリジナルデザイン」の画像トロフィーを受け取る「名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン」1位の中山和美選手

また、「名古屋ウィメンズマラソン」、「名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン」それぞれの優勝者にはティファニー賞として、デザイナー エルサ・ペレッティが1974年に発表して以来、タイムレスな魅力で人気を博し続けるティファニーのジュエリー コレクション「オープンハート」より、ダイヤモンドをポイントに配したイエローゴールド製のペンダントが贈られました。


ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクより
オフィシャルHP:http://www.tiffany.co.jp/

「名古屋ウィメンズマラソンで贈られたのはティファニーのオリジナルデザイン」の画像
Pocket

Runtrip編集部が執筆した記事

関連記事