【HOKA ONE ONE】ホカオネオネ履くなら『ボンダイ 7』から!シューズアドバイザーが解説!

「【HOKA ONE ONE】ホカオネオネ履くなら『ボンダイ 7』から!シューズアドバイザーが解説!」の画像

ラントリップお馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんに『衝撃を感じない』ホカオネオネ の『ボンダイ 7』をレビューいただきました。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

『衝撃を感じない』安定性に優れたクッショニングモデル

『ボンダイ 7』は、岩を踏んだ時にも痛みを感じないようなつくりのシューズ。ボリューム感のあるシルエットですが、軽量で、前モデルより7g軽くなりました。メタロッカー構造やマシュマロクッションはクリフトンと同じですが、ボンダイ 7は「柔らかいという概念を超えた、地面の衝撃を感じないシューズ。まさにHOKA ONE ONEの代名詞」と藤原さん。なんとなく足の状態が不安なとき、足が疲れているときは、ボンダイを選んでしまうそう。

反発はそこまで強くありませんが、4mmの低ドロップで安定性があるシューズ。体重を自分で揺らす必要があり、前方向に自分で傾きをかけると非常にアドバンテージを感じられるシューズといえます。もし、『ボンダイ 7』を履いて重く感じる方は、うまく使いこなせていないのかも。

クリフトンと比較すると、前足部が広めの構造になっているので、足幅のあるランナーにも対応。踵が抜けないようにメモリーフォーム内蔵で、アキレス腱の部分が厚みのある構造になっているのもポイント。オールブラック、オールレッド等のカラー展開も魅力です。

「ホカオネオネ を履いてみたい人はまずクリフトンからスタートしがちですが、王道のボンダイ7からいって欲しい。買って損しません!」(藤原さん)

「走らない日でも、立ちっぱなしの日や歩きっぱなしの日にもオススメ」(Runtrip代表・大森)

藤原さんが2足目も狙っているという『ボンダイ7』、是非、「衝撃を感じない」走り心地を体感してみてください。

ボンダイ 7

「【HOKA ONE ONE】ホカオネオネ履くなら『ボンダイ 7』から!シューズアドバイザーが解説!」の画像

・価格:23,100円(税込)
・重量:303g
・ドロップ:4mm

「【HOKA ONE ONE】ホカオネオネ履くなら『ボンダイ 7』から!シューズアドバイザーが解説!」の画像
「衝撃を感じない」軽量で安定性とクッショニングに優れた初心者にもオススメのシューズ
「【HOKA ONE ONE】ホカオネオネ履くなら『ボンダイ 7』から!シューズアドバイザーが解説!」の画像
「衝撃を感じない」軽量で安定性とクッショニングに優れた初心者にもオススメのシューズ

 

合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「未設定」の新着記事

CATEGORY