ナイキがデザインするスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」10月10日豊洲にオープン

「ナイキがデザインするスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」10月10日豊洲にオープン」の画像

ナイキが三井不動産レジデンシャルと共同で、新しいコンセプトのスポーツパーク『TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART(トーキョー スポーツ プレイグラウンド サポ―テッド バイ スポーツ バイ アート)』を 10月10日 (土)豊洲にオープンします。

東京は世界の大都市と比べてスポーツをする場所が少ないという課題がありますが、こちらのパークでは、子どもから大人まで遊び心を持ってスポーツに参加できる場が提供されます。独特の形で高低差のある1周約280mのランニングトラックや、3×3 のバスケットボールコート、初心者でも楽しめるスケートボードプラザを中心に、広場には回転遊具などもあり、ヨガやダンスなど様々なスポーツを楽しめます。

「ナイキがデザインするスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」10月10日豊洲にオープン」の画像 「ナイキがデザインするスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」10月10日豊洲にオープン」の画像 「ナイキがデザインするスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」10月10日豊洲にオープン」の画像

段差がなく、勾配角度 5%未満にしたバリアフリーデザインを取り入れたことで、車いすの方でもパーク内を移動でき、スケートボードプラザの回転遊具では、エリア内の様子を360度見渡せる設計になっています。

スポーツ経験やスキル、障がいの有無に関係なく、すべての人がスポーツを楽しめるインクルーシブでバリアフリーなデザイン、そして、パークのフロア素材の一部に製品の製造工程で発生する廃材や使用済み製品を再利用したNike Grind (ナイキ グラインド)が使用されるなど、環境面にも配慮したサステナブルなパーク。施設内には無料のウォーターサーバーが設置され、マイボトルの持参をお願いすることで、ゴミの削減にも取り組みます。

また、NIKE アプリを中心にデジタル・エコシステム(nike.com, Nike Training Club アプリ, Nike Running Club アプリ, SNKRS アプリ)を活用し、パークと近隣地域をはじめ、様々なコミュニティや利用者がプログラミングやイベントを通じて、一緒にスポーツ体験を楽しめます。

ナイキがデザインする『TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART』。スポーツがより身近に感じられる、バリアフリーでサスティナブルなパークの誕生が待ち遠しいですね。

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「RUNTRIP」の新着記事

CATEGORY