“誰ともかぶらない”『goodr』丸型レンズのおすすめデザインは、ランニングシーンをシームレスにする

「“誰ともかぶらない”『goodr』丸型レンズのおすすめデザインは、ランニングシーンをシームレスにする」の画像

ランニングサングラスとは思えないデザイン性で『誰ともかぶらない』個性的な存在感を放つ『goodr(グダー)』の、おすすめデザイン『Circle G (サークル ジー)』を徹底解析!

シンプルなデザインで使う人を選ばない『Circle G』の魅力を紹介します。

愛らしい丸型デザインで幅広い人にマッチ

「“誰ともかぶらない”『goodr』丸型レンズのおすすめデザインは、ランニングシーンをシームレスにする」の画像

『Circle G』の一番の特徴は、その名の通り、丸くなったレンズのデザイン。他モデルと同じくデザイン性の高さはそのままに、少し小ぶりになったため、小顔の人はもちろん、さまざまなタイプの人にマッチします。

とくに女性の場合は、小ぶりで丸型の『Circle G』が似合う人が多いかもしれません。愛らしいデザインとカラーバリエーションで、キュートなものが好きな人も、クールなタイプの人も、あらゆるファッションに対応できるカバー力を持っています。

他モデルも含めて『goodr』は、主張していないのにオリジナリティーのあるデザインだと評判のアイテム。ユーザーからは、つけていると「それはどこのやつ? ランニング用? 」と質問されることが多いという声が。『Circle G』なら、さらに人とかぶらず、デザイン性の高さで注目されること必至です。

細くなったテンプルと高くなった鼻パッドで、つけ心地と体感の軽さが段違い

デザインのよさと同じように語りたくなるのが、『goodr』の機能性の高さです。とくに『Circle G』では、テンプル(柄の部分)が細くなっています。かけるとスッと耳の上でおさまり、まったく違和感なし。ランニングサングラスでよくある、ギュッと押さえられている感覚が全くないので、長時間走っても、負担がかかりません。

そして、『Circle G』はフレーム一体型の鼻パッドが他モデルと比べて少し高くなっています。パッドが当たる部分の鼻の高さが低めの日本人には、よりしっくりくるデザイン。また、パッド部分は、フレームと一体になっているため、メンテナンスがスムーズ。汗や汚れがついてもサッと一拭きできます。ゴムなどを使用していませんが、特殊な滑り止めコーティングで、ずり落ちてくる心配もありません。

もともとの軽さもありますが、テンプルの形状や鼻パッド、素材などの相乗効果で、体感の軽さは他のランニングサングラスと比べると段違い。走ってみるとそのつけ心地の良さを実感できて、他のサングラスに戻れなくなります。

「“誰ともかぶらない”『goodr』丸型レンズのおすすめデザインは、ランニングシーンをシームレスにする」の画像

カラーは6色。『普段使いにも』ではなく、『普段使い目的』で手に入れたい

ランニング後にカフェに入ったり、パン屋さんに立ち寄ったり、旅先でランを楽しんだり。トレーニングのためのランニングだけでなく、走るシーンはいろいろな場所やタイミング、シチュエーションに広がっています。

「“誰ともかぶらない”『goodr』丸型レンズのおすすめデザインは、ランニングシーンをシームレスにする」の画像

いわゆるスポーツサングラスのようなデザインではない『goodr』なら、どんなシーンでも違和感なし。普段使いも出来るデザインで、ランニングシーンには間違いない機能性を発揮する『goodr』は、ランニングウェアから普段着に戻っても、思わずつけたくなる頼れるサングラス。機能性はしっかりあるのに、「普段から使いたい! 」と思えるのが、『goodr』です。

LA発ブランドだけあって、『Circle G』はカラーリングも豊富な6色展開。ポップなカラーからシックなカラーまで、TPOに合わせていくつか揃えたくなります。

「“誰ともかぶらない”『goodr』丸型レンズのおすすめデザインは、ランニングシーンをシームレスにする」の画像
(左)Nine Dollar Pour Over(中央)Midnight Ramble at Circle Bar(右)Strange Things are Afoot at the Circle G

クリアなホワイトのフレーム(Strange Things are Afoot at the Circle G)は、奇抜なカラーかと思いきや、汎用性が高くさまざまな色味のウェアに合います。シックなブラウン系のベッコウ柄(Nine Dollar Pour Over)は、初めて『goodr』をつける方におすすめの一本。ブラックフレーム(Midnight Ramble at Circle Bar)は定番カラーでありながら、レンズのブルーとの組み合わせが『goodr』らしさを物語っています。ほか、ピンクやイエロー、ブルーっぽいピクルスカラーなど個性的なラインナップです。

UV偏光レンズも使ってこの価格帯。使わない理由が見つからない!

「“誰ともかぶらない”『goodr』丸型レンズのおすすめデザインは、ランニングシーンをシームレスにする」の画像

もちろん、ほかの『goodr』製品と同様、UV400の偏光レンズが採用されているので、紫外線からしっかり目を守ってくれます。

そして、『goodr』の驚くべきところは、その価格。このデザインと機能に偏光レンズまで搭載されて、4,000円台です。多くのランニングサングラスが1〜2万円代のなか低価格な『goodr』ですが、一度かけてみればそのコスパの良さに驚くはず。お財布への優しさとデザイン性の良さは、初心者にもぴったり。これだけの機能とかぶらないデザインで、さらに低価格なんて、使わない理由が見つかりません。

“見た目”のよさと、かけた後に実感できる機能性。ランナーにうれしいギャップをもつ『goodr』の新しい仲間『Circle G』で、私たちランナーのライフスタイルがより快適に広がっていきます。

お気に入りのサングラスとともにRuntripへ出かけよう!

商品詳細はこちらから。
【goodr公式】Circle G

合わせて読みたい

(文 東 麻吏 / 写真 BLUETAG)

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY