3/1(日)開催の東京マラソンは一般参加を取りやめ エリートのみ開催へ

「3/1(日)開催の東京マラソンは一般参加を取りやめ エリートのみ開催へ」の画像

3月1日に開催される『東京マラソン』。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、一般参加者の出場を全面的に取りやめることが東京マラソン財団から発表されました。

東京マラソンは国内最大のレースで、一般ランナーはフルマラソンの部と10キロの部に合わせておよそ3万8000人が出場予定でした。

東京五輪の男子代表選考会を兼ねていて、男子、女子、車いすの招待選手らが出走するエリートの部は実施されます。エリートでの参加は2017年2月以降に、男子は2時間21分以内、女子は2時間52分以内を記録するなどした選手に限られ、男女合わせて200人規模となる見込みです。

大会には、東京五輪の男子代表を目指す日本記録保持者の大迫傑選手(ナイキ)や前日本記録保持者の設楽悠太選手(Honda)、2018年アジア大会金メダリストの井上大仁選手(MHPS)らが出場する予定です。

詳細は東京マラソン2020公式ページから。

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「RUNTRIP」の新着記事

CATEGORY