アシックス『GEL-NIMBUS 22』が12月6日発売。ロングセラーモデルがより厚底に。

「アシックス『GEL-NIMBUS 22』が12月6日発売。ロングセラーモデルがより厚底に。」の画像

アシックスのロングセラーモデル『GEL-NIMBUS(ゲルニンバス)』シリーズの最新作『GEL-NIMBUS 22』が、12月6日(金)から発売されます。

1999年の初代モデル発売以来20年以上にわたり進化を続けてきたGEL-NIMBUSシリーズは、クッション性を重視した高機能モデルです。『NIMBUS』とはラテン語で雲を意味し、雲の上で走っているような履き心地のランニングシューズです。

クッション性が高いGEL-NIMBUSシリーズ

ランニング時に足が着地する際のかかとの傾きと走行中の足の傾き(プロネーション)の度合いによって、シューズの設計は異なります。GEL-NIMBUSシリーズは、着地時にかかとが適度に内側に傾くニュートラルプロネーションのランナーと、かかとの内側への傾きが小さいアンダープロネーションのランナーに適したシューズ設計になっています。

これらのランナーは、着地衝撃が大きい傾向にあるため、ほかのモデルに比べGEL-NIMBUSシリーズは衝撃緩衝材『GEL(ゲル)』が大きく配され、靴底も厚めにしてクッション性が高められています。

GEL-NIMBUS 22

「アシックス『GEL-NIMBUS 22』が12月6日発売。ロングセラーモデルがより厚底に。」の画像
GEL-NIMBUS 22(出典: asics.com)

今回登場するGEL-NIMBUS 22は、2層構造のミッドソールを採用。上層は、軽量性と耐久性という相反する機能を両立させた『FLYTEFOAM(フライトフォーム)』が採用され、硬度を低くしつつ湾曲させた形状にすることで、足運びに応じた自然な変形を促します。下層は、反発性に優れた『FLYTEFOAM PROPEL(フライトフォームプロペル)』が採用されています。また、ミッドソール全体の厚さが前回モデルと比較して2mm増しています。

靴底は、波形状の大きな屈曲溝を入れたことで蹴り出し時にしなやかに曲がるようになり、かかと部と前足部にGELを内蔵しています。アッパーは通気性に優れたメッシュが採用され、部位に応じて織りのパターンを変えて配置されたことでフィット感が向上しました。やわらかいクッション性を実感しやすく、 快適な走り心地を感じられるようになっています。

GEL-NIMBUS 22は12月6日(金)よりアシックス直営店各店、アシックス オンラインストア、全国のスポーツ用品店で順次発売されます。

商品詳細

<メンズ>

<レディース>

サイズ ・メンズ: 24.5-29.0cm(0.5cm刻み)/ 30.0cm/ 31.0cm/ 32.0cm
・レディース: 22.5-26.5cm(0.5cm刻み)
ワイズ ・メンズ: スタンダード/ エキストラワイド
・レディース: スタンダード/ ワイド
カラー ・メンズ: グラシアルグレー×グラファイトグレー/ ホワイト×ブラック/ セーフティイエロー×ブラック(セーフティイエロー× ブラックはスタンダードのみ展開)
・レディース: ウォーターシェードローズ×ローズゴールド/ ホワイト×ブラック/ ソフトスカイ×ツナブルー/ グレーフロス×ピーコート(ソフトスカイ× ツナブルーはスタンダードのみ展開、グレーフロス× ピーコートはワイドのみ展開)
価格 ¥16,000(税別)
販売店舗 アシックス直営店各店/ アシックス オンラインストア / 全国のスポーツ用品店

 

GEL-NIMBUS 22特設サイト

関連記事

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY