2017年5月19日

週末は日帰りでトレイルへ。東京都内から日帰りでアクセスできる爽快トレランコース特集

「週末は日帰りでトレイルへ。東京都内から日帰りでアクセスできる爽快トレランコース特集」の画像
Pocket

これから夏にかけてどんどん暑くなっていく季節、ロードのランニングでは熱中症や日焼けなども気になって来ますよね。

一方で、新緑がまぶしい自然の中を走るトレイルランニングでは、日陰が多く空気もひんやりとしているので、これからの季節にもおすすめ。

ただ、トレイルランニングと言えば「アクセスが・・・」と思う方もいるかもしれません。でも実は、都心からアクセスできる素敵なトレイルコースはたくさんあるのです。今回はラントリップに掲載されているランニングコースの中から、「東京都内から日帰りでアクセスできる爽快トレランコース」をご紹介します。

もちろんハイカーの方も増える時期ですので、その土地どちのルールやマナーを守って楽しみましょう。

ビギナーにもおすすめのトレランコース

東京の山といえば、やっぱり高尾山

「週末は日帰りでトレイルへ。東京都内から日帰りでアクセスできる爽快トレランコース特集」の画像

東京の山、そして世界で一番登山者が多い山として知られる高尾山。都心からのアクセスも良く、晴れた日には富士山まで見渡せるなど、景色も素晴らしいです。そしてトレッキング・トレイルランとしても人気がある高尾山。標高が599mと低めなのでビギナーの方でも安心して挑戦できるでしょう。

Runtripおすすめのランニングコース

こちらは、高尾山口駅の温泉を拠点として高尾山の南側に伸びる稲荷山の尾根筋を通って(稲荷山コース)山頂を目指す、全長7.8kmのコースです。人が多い場合は山頂を経由せずに、そのまま6号路に入って下ります。6号路は琵琶滝を経由する沢沿いのルートなので、夏場にはリフレッシュに最適でしょう。道がわかりやすくなっているので、ビギナーにもぴったりのトレランコースとなっています。

 

鎌倉から湘南まで! 観光地を巡るオーシャントレイル

「週末は日帰りでトレイルへ。東京都内から日帰りでアクセスできる爽快トレランコース特集」の画像

神奈川県の鎌倉・湘南方面は、山と海に囲まれた自然豊かな土地です。オシャレなお店も多く、ドラマのロケ地になることもしばしば。たんぽぽや紫陽花、紅葉など四季折々の美しい景色を楽しみながら走ることができます。山中のトレイルだけでなく、ビーチをのんびりと走るオーシャントレイルも満喫できるでしょう。

Runtripおすすめのランニングコース

こちらのコースは、鎌倉からスタートして湘南の海に沿って走り、藤沢駅付近の温泉を目指します。海も山も楽しめて、走りながら観光スポットを巡ることができる、盛りだくさんの全長17kmコースになっています。長い距離に慣れていない方も、途中のお店で休憩したり、ショートカットしたりとアレンジすれば存分に楽しむことができます。ちょっとした旅行としても最適ですよ。是非訪れてみてはいかがでしょうか。

 

ここが横浜!? 驚くほどの深い森が広がる新治市民の森

「週末は日帰りでトレイルへ。東京都内から日帰りでアクセスできる爽快トレランコース特集」の画像

横浜から40分、渋谷から50分ほどで着くのは、「横浜にこんな風景があったのか」と言いたくなるような深い森、新治市民の森。神奈川県緑区にひろがるその森は、横浜の原風景を思い起こさせるほどです。クヌギ・スギ林や竹林など森の中の景色が移り変わっていくので、走っていても飽きがこないでしょう。都会の喧騒を忘れるにふさわしい場所となっています。

Runtripおすすめのランニングコース

こちらのコースは1周およそ3.5kmの周回コース。自分のペースに合わせて距離を調整できるので、ビギナーの方でも安心です。コース全体の高低差が小さいので、「豊かな自然を感じながら走ってみたいけれど、いきなり山登りは不安」という方におすすめ。トレランデビューにはぴったりの場所ですね。是非ここからトレイルランニングをはじめてみませんか?

 

穴場の名トレランコース、南房総の「花嫁街道」

「週末は日帰りでトレイルへ。東京都内から日帰りでアクセスできる爽快トレランコース特集」の画像

青い海と四季折々の花畑がきれいな千葉県南房総。その中でもアワビ・伊勢エビの名産地と呼ばれ、海の幸が豊富な千倉エリアに「花嫁街道」はあります。昔から通学路や生活品の輸送に使われていたその街道は、美しい花嫁行列も通ったことからその名前が付けられました。天気が良ければ伊豆大島や富士山まで見渡せる、人気の絶景スポットでもあります。

Runtripおすすめのランニングコース

こちらのコースは、「花嫁街道」を中心とした、山と海が楽しめるトレランコースです。コース途中には歴史を感じる石碑や水源の跡、コース終盤には落差15メートルにも及ぶ黒滝を巡っていきます。全長およそ12km、走り終わったら海に入ってクールダウンするのも良いでしょう。南房総はグルメも充実しているので、そちらも合わせてお楽しみください。

 

中級者以上の方におすすめするトレランコース

女性のためのトレイル!伊豆ヶ岳クイーンズトレイルランのコースを走る

「週末は日帰りでトレイルへ。東京都内から日帰りでアクセスできる爽快トレランコース特集」の画像

埼玉県飯能市にある伊豆ヶ岳(いずがたけ)は、標高851メートルを誇り、奥武蔵を代表する山となっています。登山口となっている西武秩父線正丸(しょうまる)駅は、池袋から約1時間半のアクセス。休日には、その豊かな自然を目当てに多くの登山客・観光客・トレイルランナーが訪れます。

Runtripおすすめのランニングコース

こちらは、伊豆ヶ岳クイーンズトレイルランのコースとなっている17kmを辿るコースとなっています。伊豆ヶ岳クイーンズトレイルランは女性が主体の大会で、男性は女性とペアを組まなければ参加できません。コース全体の高低差は500メートル以上にもなり、大きな上り下りが2回あります。ビギナーには少々厳しいコースかもしれません。コース途中の眺望は素晴らしく、人気のあるコースではあるので、力試しに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

本気のトレイルならハセツネ。2017ハセツネ30kのコースを走る

「週末は日帰りでトレイルへ。東京都内から日帰りでアクセスできる爽快トレランコース特集」の画像

自己の限界を追求するトレイルランニングの最高峰「日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)」。その入門レースとして東京都あきる野市で行われるのが「ハセツネ30k」です。入門と言ってもそのコースは険しく、急な上り坂、下り坂の起伏が多く、かなりの体力と脚力を必要とします。

Runtripおすすめのランニングコース

こちらのコースに沿って走れば、ハセツネ30kを体感することができます。かなり走りごたえのあるコースですので、くれぐれも準備は万全に。道がわかりにくい部分もあるので、不安な方はこちらのコース紹介動画を事前に見ておくと良いでしょう。

「2017ハセツネ30k試走」(Youtubeへ)

 


みなさんが走りたくなるトレランコースは見つかりましたか?1度トレイルを走ってみると、ロードとはまた違った充実感があり、夢中になる方も多いですよ。今回をきっかけに、是非トレランの世界に1歩足を踏み入れてみてください!

「週末は日帰りでトレイルへ。東京都内から日帰りでアクセスできる爽快トレランコース特集」の画像
Pocket

関連記事

Runtrip編集部が執筆した記事

おすすめ記事