自己流は川内だけじゃない!! 元早稲田監督・渡辺康幸氏が推す男

2018年1月28日の大阪ハーフマラソン。ロンドンオリンピックマラソン6位入賞、世界陸上マラソン代表選出3回の実績を持つ中本健太郎選手を振り切り、1時間2分10秒のトップでゴールテープを切ったランナーがいました。 伊藤和麻さん(29歳)。現在は住友電工陸上競技部に所属し、長距離

2018年4月13日

“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る

2月の東京マラソンで日本新記録(2時間6分11秒)を樹立した設楽悠太選手(Honda)のものまね芸人として、密かにブームを起こしている萩原拓也さん(ポップライン)。実は学生時代は駅伝強豪校の神奈川大に所属しており、10000mの自己ベストは29分48秒を誇ります。 今回は萩原さ

2018年4月12日

〝福島をランニングで元気に〟。東日本大震災を機に回りだした時間、動き出した仲間――〝マウンテンプレイヤー〟眞舩孝道さんインタビュー・後編

サロモン・スントを始めとして、多くの企業にスポンサードされながら、福島県を中心に活動する〝マウンテンプレイヤー〟眞舩孝道さん。前・中・後編で描く眞舩さんの半生記。後編では、東日本大震災をきっかけに志向した、地元への貢献活動について伺いました。 福島県人、ハワイで日の丸を背負う 東

2018年3月30日

国体山岳縦走で鏑木毅選手と競り合いゴールも――〝マウンテンプレイヤー〟眞舩孝道さんインタビュー・中編

サロモン・スントを始めとして、多くの企業にスポンサードされながら、福島県を中心に活動する〝マウンテンプレイヤー〟眞舩孝道さん。前・中・後編で描く眞舩さんの半生記。中編では、フルマラソンを経て、山岳競技に目覚めるきっかけとなった出会いと葛藤について伺いました。 職場への1本の電話に

2018年3月29日

サロモン・スントもサポートするトレイルランナーの師は、元・箱根駅伝優勝メンバーだった――〝マウンテンプレイヤー〟眞舩孝道さんインタビュー・前

2017年12月6日、東京・市ヶ谷にて、とあるトークイベントが開催されました。 タイトルは『山に魅せられたからこそ…分かったこと』。主役は眞舩孝道さん(39歳)。サロモン・スントを始め多くの企業のサポートを受けながら、福島のフィールドを縦横無尽に走る〝マウンテンプレイヤー〟です

2018年3月28日

「サブ3じゃない」とつっこまれた東京マラソン、今回は「ガチのガチ」で挑むM高史さん

先日公開した対談記事では、箱根駅伝の裏側について語ってくれたM高史さん(ものまねアスリート芸人)。現在は東京マラソン財団スポーツレガシー事業チャリティ・アンバサダー、東京マラソンウィーク宣伝部長など、いくつもの要職を兼任しています。 2月25日には第12回東京マラソンが開催され

2018年2月23日

母校の大学で箱根に参加できるって本当!? 芸人・M高史の箱根駅伝“出走”の理由

青山学院大学の4連覇で幕を閉じた第94回箱根駅伝。今回もさまざまなドラマがありましたが、20㎞以上を走る選手にとって、「給水」は大事なポイントとなってきます。通常はエントリーメンバーから漏れてしまった学生が給水係を務めるのが主流ですが、実は大学OBであれば参加可能だということを皆

2018年2月10日

ヒマラヤ踏破を足がかりに最大の目標へ! 縁に従い動き続けるウルトラランナーの夢とは

「棺桶に入る時は、笑っていたい」 幼い頃の佐藤良一さんが、作文に書き残した言葉です。 「家族、親戚は一流のサラリーマンでしたが、自分も同じ様に過ごすのは嫌だと思っていました。安定して変化がなく、つまらなそうに働いている様に見えたんです。家族の為に働いているわけで、仕事というの

2017年12月10日

ネパールの聖域を駆けた唯一の日本人に。 医師も〝根負け〟したスパルタからラダックに至る意志

スパルタスロン。 毎年、ギリシャで開催されている約246kmの超長距離レースです。 制限時間は36時間。標高は海抜0mから1,200mまで。サーフェスはアスファルトからトレイルまで。75ポイントある関門それぞれに制限時間が設けられ、医療スタッフが常時待機しています。 このレ

2017年12月9日

リハビリのつもりが250km完走…… 元テニスプレーヤーが超長距離レースに目覚めるまで

11月半ば、六本木のインドレストラン。 貸し切りとなったこの夜、店内は一人の男性を輪の中心に据え、活気づいていました。 インド料理が並んだテーブルには雄大な風景を捉えた写真が添えられています。それらはすべて、インド、ネパール地域をはじめとした遠征の最中に、彼が撮影したものです

2017年12月8日