「100ドルで複数買える」品質に妥協しないLA発サングラス『goodr』創業者とRuntrip!!

最近、話題沸騰中のランニング専用サングラス「goodr(グダー)」をご存知だろうか? 提供しているのは、ロサンゼルスのプラヤ・デル・レイビーチの近くにあるGOODR LLCという会社で、正式にプロダクトををリリースしてからまだ3年経ったばかりという若い会社だ。 先日、この会社

2018年8月6日

東京五輪に出場なるか!? 芸人・猫ひろしが挑む東南アジア大会

(写真/佐藤主祥) 34歳で国籍をカンボジアに移し、5年間の紆余曲折を経てたどり着いたオリンピックという大舞台。夢を実現した40歳の芸人・猫ひろしさんは、現在も2年後の東京五輪を目標に走り続けています。 前編ではリオ五輪出場までのエピソードをお話しいただきましたが、後編ではカ

2018年6月30日

「五輪に出られなかったらただのカンボジア人……」猫ひろしの苦悩

(写真/佐藤主祥) 2016年、リオデジャネイロ五輪の男子マラソンで、あるカンボジア人選手が大きな注目を集めました。 その男の名は「KUNIAKI TAKIZAKI」。日本では芸名「猫ひろし」として2000年代よりバラエティ番組等で活躍しているお笑い芸人です。 完走した14

2018年6月29日

「まさかの2位」と言われ奮起……國學院エースが語る箱根の裏側

マラソン芸人のM高史さんと萩原拓也さん(ポップライン)が関東地区の大学陸上部を訪問し、チームの様子をレポートする当企画。第2弾は、正月の箱根駅伝で14位だった國學院大学にお邪魔しました。専門誌では見られない学生たちの〝素顔〟を、芸人2人が引き出していきます。 ●インタビュアープ

2018年6月25日

「一緒に住めない」と女性がドン引き、ランニング中心のオリラジ藤森さんの “きっちり生活”

(文 西島 恵/ 写真 倉島 周平 ) バラエティ番組では“チャラ男”として引っ張りだこのオリエンタルラジオ・藤森慎吾さん。2016年に番組の企画でフルマラソンに挑戦し、初マラソンにしてサブ4という偉業を達成。「周囲の人から『すごい!』と褒められたことが嬉しくて」、以降、プライ

2018年6月16日

月間550km走るソナポケ・eyeronが語る、Runも音楽も続ける理由

(文 菊池 康平/ 写真 小倉 宏統) 「走ることでクリエイティブな発想が浮かんだり、楽曲作りに対してもいい効果を得ていると思います。それこそライブのための体力作りにもなりますし。仲間もできて、いいことだらけですよ!」 こう語るのは、名古屋出身の3人組アーティスト『Sonar

2018年6月5日

「有森裕子が侵入」と話題に……コースに仁王立で応援する理由を本人が語る

(文 西島 恵/ 写真 倉島 周平 ) 「2007年に引退してからは、日常では特にランニングはしていません。もともと走ることは私にとって仕事でしたから、引退するときにもうフルマラソンはやらないと決めたんです。それに、痛みチェックをするのはもう嫌なんですよ(笑)」 こう朗らかに

2018年5月31日

アジア3位のスカイランナー長田豪史が挑む世界一への道のり

大自然の中を颯爽と駆け巡るトレイルランニング。ロードでは味わえない景色や爽快感を味わえることからランナーの間で人気を博していますが、同じ“山岳スポーツ”のカテゴリーである『スカイランニング』という競技をご存知でしょうか。より急峻な山岳地帯を走り、時には岩をよじ登ることもある過酷な

2018年5月31日

「自分はももクロが好きです!」……芸人2人が駒大生の素顔を引き出す

マラソン芸人のM高史さんと萩原拓也さん(ポップライン)が関東地区の大学陸上部を訪問し、チームの様子をレポートする当企画。第1弾はMさんの母校でもあり、箱根駅伝4連覇、全日本大学駅伝4連覇など、21世紀の常勝軍団として大学長距離界に君臨する駒澤大学(以下、駒大)にお邪魔しました。専

2018年5月19日

時代が追いついた!? 「設楽悠太」似で話題の男が語る“寄せに来た”きっかけ

先日公開された対談記事で、M高史さん、ラントリップ代表・大森英一郎とともに日本マラソン界について熱く議論を展開してくれた、お笑いコンビ「ポップライン」の萩原拓也さん。実は、学生時代は駅伝強豪校の神奈川大に所属。10,000mではなんと29分台の自己記録を持っています。 今回は後

2018年4月16日
1 / 10123...10...最後 »