「自分らしく走るため」プロになった下門美春選手が孤独と戦う理由

(写真 Eliana) 今年5月に、プロに転向した下門美春選手。 7月のゴールドコーストマラソンでは、早速、プロとして結果を出す。2時間29分38秒のタイムで、4位(日本人1位)となった。9月には、米国のランニング専門店市場でシェア・ナンバーワンを誇る『ブルックス』と、カリフォ

2018年10月20日

目線をあげる!! オールスポーツコミュニティ担当者が明かす“レース中に最高の写真を撮られる方法”

マラソン大会に出場したランナーが完走後に楽しみにしているものといえば、完走メダルや完走証、レース後の乾杯、そして“写真”。一般市民にとって身近になる以前、マラソンは競技スポーツの色合いが濃く、そこで撮影される写真はアスリートのためのものでした。 スポーツ写真サイト“オールスポー

2018年10月19日

「高校時代は遊んでいました(笑)」オン・オフのギャップで信頼を得る明大エース・阿部弘輝

マラソン芸人のM高史さんと萩原拓也さん(ポップライン)が関東地区の大学陸上部(長距離)を訪問し、チームの様子をレポートする当企画。第4弾は、箱根駅伝で過去7度の総合優勝を誇る古豪・明治大学にお邪魔しました。専門誌では見られない学生たちの〝素顔〟を、芸人2人が引き出していきます

2018年9月20日

ハーフ4大会連続自己新! 城西大のムードメーカーはお笑い芸人志望!?

マラソン芸人のM高史さんと萩原拓也さん(ポップライン)が関東地区の大学駅伝チームを訪問し、チームの様子をレポートする当企画。第3弾は、正月の箱根駅伝で3年ぶりのシード権(7位)を獲得した城西大学にお邪魔しました。専門誌では見られない学生たちの〝素顔〟を、芸人2人が引き出していきま

2018年8月29日

“雲の上の走り”を実現した『On』 急成長の背景とビジョンをCOOマーク氏が語る

ユーザーが求める“驚き”と“楽しさ”をその洗練された製品で提供している、スイス発のランニングブランドのOn(オン)。そのOnのランニングシューズはプレミアム(高価格帯)ランニングシューズ市場においてスイスで1位、ドイツで4位、そして日本とアメリカでは成長率1位という好調ぶりをみせ

2018年8月28日

「100ドルで複数買える」品質に妥協しないLA発サングラス『goodr』創業者とRuntrip!!

最近、話題沸騰中のランニング専用サングラス「goodr(グダー)」をご存知だろうか? 提供しているのは、ロサンゼルスのプラヤ・デル・レイビーチの近くにあるGOODR LLCという会社で、正式にプロダクトををリリースしてからまだ3年経ったばかりという若い会社だ。 先日、この会社

2018年8月6日

東京五輪に出場なるか!? 芸人・猫ひろしが挑む東南アジア大会

(写真/佐藤主祥) 34歳で国籍をカンボジアに移し、5年間の紆余曲折を経てたどり着いたオリンピックという大舞台。夢を実現した40歳の芸人・猫ひろしさんは、現在も2年後の東京五輪を目標に走り続けています。 前編ではリオ五輪出場までのエピソードをお話しいただきましたが、後編ではカ

2018年6月30日

「五輪に出られなかったらただのカンボジア人……」猫ひろしの苦悩

(写真/佐藤主祥) 2016年、リオデジャネイロ五輪の男子マラソンで、あるカンボジア人選手が大きな注目を集めました。 その男の名は「KUNIAKI TAKIZAKI」。日本では芸名「猫ひろし」として2000年代よりバラエティ番組等で活躍しているお笑い芸人です。 完走した14

2018年6月29日

「まさかの2位」と言われ奮起……國學院エースが語る箱根の裏側

マラソン芸人のM高史さんと萩原拓也さん(ポップライン)が関東地区の大学陸上部を訪問し、チームの様子をレポートする当企画。第2弾は、正月の箱根駅伝で14位だった國學院大学にお邪魔しました。専門誌では見られない学生たちの〝素顔〟を、芸人2人が引き出していきます。 ●インタビュアープ

2018年6月25日

「一緒に住めない」と女性がドン引き、ランニング中心のオリラジ藤森さんの “きっちり生活”

(文 西島 恵/ 写真 倉島 周平 ) バラエティ番組では“チャラ男”として引っ張りだこのオリエンタルラジオ・藤森慎吾さん。2016年に番組の企画でフルマラソンに挑戦し、初マラソンにしてサブ4という偉業を達成。「周囲の人から『すごい!』と褒められたことが嬉しくて」、以降、プライ

2018年6月16日