「今日のトレーニングはキャンセル!!」、わがままな人ほど結果を残せる理由とは

ランニングは継続が大切がモノを言うスポーツ。 掲げた目標に向かって計画的にトレーニングをしよう、とモチベーションを高めるものの、暑い・寒い・雨が降ってるなどといった天候や気温の影響、また、つい飲み過ぎて内蔵や胃腸に負担がかかりシンドイ・・・。といった理由で、なかなかトレーニングに

2016年8月6日

金字塔目前のイチロー選手も支えるストレッチ!! 「成果の出るストレッチ」は何が違う?

メジャー通算3000安打へ。残り2本までせまっているイチロー選手。現在42歳ですが、全盛期を彷彿させるスピードや、バッティングスキルを維持し、ヒットを量産しています。 そんなイチロー選手のパフォーマンスを支えているのが、ストレッチといえるでしょう。試合前に徹底的にストレッチを行

2016年7月31日

先輩ランナーは要注意!! 初心者をしらけさせる“上から目線”コーチングから脱する方法

昨今のランニングブームもあってか、新しくシューズやウエアを購入してランニングを始める知人が少なくありません。ランニングは確かに健康を維持することができ、ストレスの解消にもつながります。また、仕事や地元、また、共通の趣味をもった仲間で、ランニングチームを作って、リレーマラソンなどの

2016年7月19日

ランナーにとって「睡眠」とは? 青学駅伝チームのフィジカル強化指導者が選手に教えた睡眠法

ランナーの皆さんは、日々、何時間ほど眠っていますか? 先日、アメリカ・ミシガン大学が発表した「睡眠」に関する調査結果によると、国によって就寝時間と起床時間が異なることがわかりました。特徴的なところで見ると、アメリカやドイツといった国は「早寝早起」の文化で、フランスやアラブ首長国

2016年6月22日

走る身体は体幹づくりから。参考にしたい1冊『速くなる体幹トレーニングBCT』

ランニングに限らず、体づくりにおいて注目されている“体幹トレーニング”。書店のスポーツコーナーに足を運んでみると、関連書籍がズラリと並んでいるでしょう。私はスポーツジムに通っていますが、そちらでも『コア』や『体幹』を中心に鍛えるレッスンがいくつも行われています。 今回ご紹介

2016年5月5日

【脱3K走り】腕振りは意識し過ぎてもいけない!?

前回の記事では、3K走りにならないための腕振りについて、そのポイントを解説しました。 練習熱心なランナーの方々は、きっとポイントを意識しながら、日々のランニングへ一生懸命に取り組まれていることと思います。しかし腕振りを意識すればするほど、こんな状態になっていないでしょうか?

2016年1月15日

【脱3K走り】怪我の原因にも!?正しい腕振りのポイントとは

腕振りについて悩みを抱えているランナーは、おそらく多いことでしょう。私も指導の現場で、よく腕振りについて質問されます。そこで今回は、3K走りを左右する5つのポイントから『腕振り』についてご紹介しましょう。 ■『3K走り』についてはこちら 基本の腕振りとバリエーション まずは

2015年12月30日

【脱3K走り】股関節強化でスイスイ脚が前に出るランニングフォームに!

3K走りを左右する5つのポイントから、今回はスイング動作についての記事です。 ■『3K走り』についてはこちら ランニングしている際、こんな悩みをお持ちの方はいないでしょうか? 脚が前に出ない。 膝下ばかり使っている気がする。 走りが小さい(ちょこちょこ走り)

2015年12月15日

脱3K走り!美しい走りを実現する5つの改善ポイント

「より早く、より楽に、より美しく走りたい…」 ランナーならば、誰もがそう願うことでしょう。しかし頭の中に理想のフォームはありながらも、『かっこわるい』『効率わるい』『怪我しやすい』の3拍子がそろった“3K走り”がなかなか脱できず、苦労されている方も多いのでは? そんな“3K走

2015年12月9日