脱3K走り!美しい走りを実現する5つの改善ポイント

「脱3K走り!美しい走りを実現する5つの改善ポイント」の画像
Pocket

「より早く、より楽に、より美しく走りたい…」

ランナーならば、誰もがそう願うことでしょう。しかし頭の中に理想のフォームはありながらも、『かっこわるい』『効率わるい』『怪我しやすい』の3拍子がそろった“3K走り”がなかなか脱できず、苦労されている方も多いのでは?

そんな“3K走り”の改善方法を、月野ランニングスクール代表・月野雄一さんが解説!5つのポイントに分けながら、定期的に発信していきます。

3K走りを左右する5つのポイント

月野さんが考える“美フォーム”に近づくための改善ポイントは、以下の5項目です。

  1. 接地・・・フォアフットを意識しすぎて「ブレーキ音」のする走りや極端な踵接地
  2. 接地足のスイング・・・足が前にでない、腕振りとのタイミングが悪いなどの問題
  3. 腕振り・・・・肩ブレや肩甲骨の柔軟性、体幹が弱いためにブレる走り
  4. 姿勢・・・ガニ股や内股などの影響で膝や足首を痛めやすい姿勢
  5. 重心の移動・・・一見キレイにみえる走りでも、推進力に繋がらずに空回りする走り

これらを改善させることで脱3K!効率的で、美しい走りを手にしましょう!

講師プロフィール

「脱3K走り!美しい走りを実現する5つの改善ポイント」の画像 プロランニングコーチ・ストレングス&コンディショニングコーチとして子供から大人、初心者からトップアスリートまで指導を行う。
小学校から続ける陸上競技の経験とトレーニングの知識を織り交ぜた指導には定評あり。
月野ランニングスクール代表

次回から、具体的なハウツーをご紹介していきます。お楽しみに!

「脱3K走り!美しい走りを実現する5つの改善ポイント」の画像
Pocket

Runtrip編集部が執筆した記事

関連記事