「焼き鳥大好き!」なチームの24時間リレーマラソンに密着したらなんと奇跡が!?

「「焼き鳥大好き!」なチームの24時間リレーマラソンに密着したらなんと奇跡が!?」の画像
Pocket

先日「チームラン」の魅力について、ラントリップマガジンに掲載されました。

そしてこの度、私、すしマンがこの8月に開催された「第7回宮ヶ瀬湖24時間リレーマラソン」に潜入!!
24時間リレーマラソンでの苦労とその魅力についてお伝えしたいと思います。

今回、私が帯同させていただいたのは「焼き鳥RC」という都内近郊で活動するランニングチームです。

「「焼き鳥大好き!」なチームの24時間リレーマラソンに密着したらなんと奇跡が!?」の画像

このチームはメンバーが190人前後!?と大所帯でありますが、年齢、所属、性別、国籍、レベルは様々。
ランニングをした後に、焼き鳥を食べながらビールを美味しく飲もう!という「健康志向」の意識が高いファンランチームです。

焼き鳥RCは昨年の「第6回宮ヶ瀬湖24時間リレーマラソン」において、初出場で総合24位となり、24位 (24時間)と38位 (みやがせの38=MIYA)のみに与えられる「飛び賞」を獲得しています。

24時間リレーマラソンにおける適材適所

そもそも24時間リレーマラソンとは、24時間もの間タスキを繋ぎ続け、チームで合計の周回数を競うリレーマラソンです。
そこには、さまさまな苦労とドラマが待ち受けていることでしょう。

レースは土曜日の午前10時からスタートし、翌日の午前10時に終了となります。
その間に、走る、食事、休憩、睡眠、談笑、睡魔+疲労感との闘いといった様々な過程が存在しています。

今回、焼き鳥RCは“TARE”チームと“SHIO”チームのダブルエントリーで各チーム15名ずつ、総勢30名でエントリー。
各々に役割分担を行い、チームワークをみせながら翌日のゴールに向かいました。

「「焼き鳥大好き!」なチームの24時間リレーマラソンに密着したらなんと奇跡が!?」の画像  「「焼き鳥大好き!」なチームの24時間リレーマラソンに密着したらなんと奇跡が!?」の画像

テントの設営と片付けもチームで行う。焼き鳥RCは専用のユニフォームが用意された!!

「「焼き鳥大好き!」なチームの24時間リレーマラソンに密着したらなんと奇跡が!?」の画像  「「焼き鳥大好き!」なチームの24時間リレーマラソンに密着したらなんと奇跡が!?」の画像

「作戦係」は出走順、周回数などの調整、順位確認。
「調達係」は食事や備品等の調達。
「会計係」は全体会計 (集金額の管理、精算)。
「雑務係」はリーダー会議、本部との連絡、ドリンク管理等雑用全般。
それぞれがうまく機能してこそ、良いチームと言えます。

また、焼き鳥RCは、貸し切りバスをチャーターし、行き帰りはバスで楽チン。
帰りは車内で宴会!!と、段取りが完璧でした。
まるで大人の遠足です。

また、専属のトレーナーも帯同し、24時間態勢でマッサージを受けれるといった、要所要所に工夫が凝らされている“ドリームチーム”なのです。

宮ヶ瀬の豪雨と疲労感

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

すしマンが執筆した記事

関連記事