シューズ底面の一部が“出っ張る”シューズとは?『ディスタンスⅤ』をレビュー

「シューズ底面の一部が“出っ張る”シューズとは?『ディスタンスⅤ』をレビュー」の画像
Pocket

みなさん、こんにちは。シューズアドバイザー藤原です。

暑いですね・・・この時期のランニングは、時間と場所を工夫して取り組みたいところ。また、この時期は「弱点克服」にも最適なシーズン。昨シーズンの課題が、効率的なランニングフォーム獲得であったなら、今手をつけないと!マラソンシーズン中、ではもう余裕もないし、第一その定着も難しいでしょう。いつやる?「今でしょ!」ということですね!

そんな時、わたしは、ニュートンをオススメします!現在わたしは、ディスタンスⅤとモーションⅤを履いていますが、本日はディスタンスⅤをクローズアップしてみます。

「シューズ底面の一部が“出っ張る”シューズとは?『ディスタンスⅤ』をレビュー」の画像

出典:http://www.newtonrunning.jp/

通常、ランニングシューズのソールは、グリップ感を出すために、多少の凹凸があるものの、ほぼ地面に対して、フラットですよね。どこか一部が出っ張っていたりしたら?異物感があり、クレームものですよね。

ニュートンは、その異物感をうまく利用したスタイルのシューズです。シューズ底面の一部だけが、“あえて”出っ張っています。しかし、その出っ張っている場所がミソ、前足部踏み付け部にあります。それが「P.O.P1+プラットフォーム」の出っ張りです。

誰でも履けば、踏み付け部に“異物感”を感じるはずなので、それを軽く踏みつけてみてください。踏めば当然ですけど、自分の体が足の真上に行くでしょ?それを意識しながら使うことで体が自然と前に出るのです。足ではなく「体」がです。

基本的にランニングは足を前に出すスポーツではなく、体が前に進むスポーツ。そうなっていることが、「重心移動」として理想的な状態ですから、普段体が遅れてくるような動作になっている「前傾ができない」「かかとばかり減る」「膝が痛い」といったランナーの”体の重心移動”をスムーズにする効果が期待できるのです。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

Runtrip主催のランイベント参加者募集中


藤原岳久が執筆した記事

関連記事