2016年7月15日 ランニングシューズ

ウェア感覚で作られたランニングシューズ『スピードフォーム・ジェミニ2』(アンダーアーマー)をレビュー

「ウェア感覚で作られたランニングシューズ『スピードフォーム・ジェミニ2』(アンダーアーマー)をレビュー」の画像
Pocket

みなさん、こんにちは。シューズアドバイザー藤原です。今回は、アンダーアーマー「スピードフォーム・ジェミニ2」を紹介しようと思います。

アンダーアーマーと言えば、アメリカンフットボールのアンダーウェアスタートのブランドですし、ウェアのイメージが強いかと思いますが、どうですか?最近ではプロ野球「読売ジャイアンツ」のユニホームをスポンサードするなど、国内でもメジャーなブランドになってきていますよね。

そして、そんなウェアの強いブランドならではの発想で、シューズ既存ブランドではナカナカ生みだせそうにないシューズを発売しています。その一つが、スピードフォーム・ジェミニ2です。

「ウェア感覚で作られたランニングシューズ『スピードフォーム・ジェミニ2』(アンダーアーマー)をレビュー」の画像

通常、ランニングシューズのヒールカップ(踵)には、プラスティック素材などの芯を入れて、踵をがっちり掴もうとします。そうすることで踵とシューズを一体化させ、安定感を作りだします。しかし、実際には踵のサイズにはかなり個性があり、合う、合わないがはっきりしてしまうのです。ですから、踵のサイズ、形状は、ブランドの腕の見せどころでして、それがその個性と言っても良いくらい異なります。

そんな中、ジェミニはまったく違う発想で作られています。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

藤原岳久が執筆した記事

関連記事