2016年5月23日 LOCAL スポット

『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!

「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像
Pocket

宮崎駿監督の代表的な作品・映画『もののけ姫』に登場する原資の森の舞台になったと言われている、屋久島「白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)」。
この自然溢れるスポットは、トレッキング+ランニングにもってこいのコースでした。

今回はこの白谷雲水峡の魅力と、その頂上(太鼓岩)で待っている絶景をご紹介します!

日本には素晴らしいランニングコースはいくつもありますが、走り抜けた後に絶景が待っている贅沢コースは限られています。
そんな中、この白谷雲水峡~太鼓岩のランニングコースは満足度の高いコースと言えるでしょう。

その前に皆さんは、「月に35日間も雨が降る島」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

これは、屋久島を例えたもので、実際にとても雨の日の多い島なのです。
「せっかく旅行に行ったのに雨なんて嫌だな」と思う人も多いでしょうが、多くの雨が降っているからこそ形成された、他の旅先にはない魅力があります。

大量の雨は、屋久島の自然を驚くほどよく育てます。
そんな逞しく育った自然たちが、私たち旅行者を迎え入れてくれるのです。

「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像

白谷雲水峡~太鼓岩のランニングコースは、片道約2.5kmとなっており、標高差は約450mとされています(今回は最短ルートでの登頂を目指しました)。

入り口が既に標高600mのところにありますので、太鼓岩に到着するころには1000mになっています。
良い景色が期待できそうな標高ですね。

参考タイムは往復5時間となっていますが、写真や休憩などを入れるともう少しかかってしまうので、余裕ある行動をとってください。

それでは、スタート地点から解説します!

入り口付近は整備されており、非常に歩きやすくなっています。案内版も適度に設置されているので、迷うことは少ないかと思います。

「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像 「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像

橋を渡るといよいよ山の中へ。
ここから一気に緑が深くなるのを感じられるでしょう。

急な石段があったり、渓流を越えたりと、飽きのこないコース。
また、「自分的縄文杉」に認定しても良いくらいに立派な木が立っていたりします。

「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像 「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像

また、水滴のついた苔は非常に綺麗で、つい立ち止まって写真撮影をしたくなってきます。

山道は程良く整っており、走りやすくはあります。
ただ、同時にここは観光地でもありますので、ほかのお客さんの邪魔にならないよう注意が必要です。

また、登山道から外れて自然を踏み荒らさないようにしましょう。

「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像 「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像

随分と登ったと感じるころ、これまでとは雰囲気の違う一帯があらわれます。
緑が深く、あたり一面苔だらけ。
そうです、ここが「苔むす森」です。

鬱蒼とした苔世界を堪能できるポイント。
こんなに苔に囲まれた世界はなかなか遭遇できません。
宮崎監督が、森のイメージをつくったという情報に納得してしまいます。

「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像

一つ目の目玉が、苔むす森だとすると、もう一つは「太鼓岩」
こちらを目指してさらに山道を登ります。

ここから太鼓岩までの参考タイムは60分ほど。
ここからはひたすら登り続けるルートとなります。

苔むす森で折り返すツアー客も多いので、人気が無くなってきます。
そういった隙間を狙ってランすると良いでしょう。
当日は、一組のだけ道中で遭遇しました。

辻峠は大きな休憩所となっており、ベンチも設置されています。
こちらで水分補給をしてから最後の登りにチャレンジ。

参考タイム20分の登りを終えると、大きな岩が待っています。
これこそが太鼓岩、その上に立つと絶景、どっかーんです。

「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像

眼下に広がるのは、屋久杉たち。
特に新緑の綺麗な5月でしたので、緑が生き生きとしており、モリモリっと生命力ある姿を見せてくれました。

太鼓岩の上でコーヒーを飲んだり、昼寝したり、ボーッと過ごしたりと、様々な過ごし方ができそうです。
遠くには九州最高峰である宮浦岳も見ることもでき、更に高い山があることに素直に驚くこともできます。

また、太鼓岩は標高が高い分、寒さを感じることもあるので、ランニング時は、雨具やゴアテックス、フリースなどの準備をお忘れ無く。
わたしは約75分で太鼓岩まで行って下山しましたが、初めて挑戦される方は余裕をもった行動と、しっかりとした準備が必要です。

トレーニングの締めくくりに絶景が堪能できる白谷雲水峡~太鼓岩コース。
いつものコースに変化を加えるなら、屋久島もおすすめですよ!

同島は自然だけでなく、食事もお酒も美味しいということを、最後に付け加えておきましょう。

ぜひ素敵なラントリップを!

白谷雲水峡~太鼓岩のランニングコースの詳細はこちら

こちらのランニングコースもオススメです

「『もののけ姫』の“森”のイメージにもなった「白谷雲水峡」は走り抜けても気持ち良かった!!」の画像
Pocket

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

ワニの左手が執筆した記事

関連記事