2016年5月2日 HOW TO

NY・西海岸で流行の「アスレチック+レジャー=“アスレジャー”」、どうやって楽しむ?

「NY・西海岸で流行の「アスレチック+レジャー=“アスレジャー”」、どうやって楽しむ?」の画像
Pocket

「NY・西海岸で流行の「アスレチック+レジャー=“アスレジャー”」、どうやって楽しむ?」の画像
新緑が眩しい季節を迎えました。何をしても気持ちの良いこの時期は、もちろんランを楽しむにも最適ですね。

長期のお休みに入っている方も多い思いでしょう。せっかくの機会ですので、ただトレーニングに打ち込むのではなく、“楽しむ”や“リフレッシュ”をテーマに、新しいランニングの楽しみ方を取り入れてみてはいかがでしょうか?

今回は、ランナーのゴールデンウィークを少しだけ豊かにする3つのポイントをご紹介します。

1.アスレジャーに挑戦

ランニングをより手軽にオシャレにする最近注目のスタイル「アスレジャー」はご存知でしょうか?

アスレジャーとはアスレチック(運動)とレジャー(余暇)を組み合わせた造語です。アメリカのヨガブランド発信で西海岸やニューヨークで盛り上がっているファッションカルチャーです。

機能性の高いスポーツウェアを普段着としても取り入れるスタイルで、着心地がよくリラックスできて見た目もカッコいい、そんなウェアを組み合わせてモチベーションをあげてみましょう。 ランナーの皆さんが取り入れるとすると、走った後にスターバックスでお茶が出来るくらいのカジュアルなイメージです。
デザインを重視しながら、プリント柄のタイツ、コットンのような質感のドライTeeシャツやジョガーパンツ、アウトドアのパーカーやカジュアルなキャップを組み合わせたりするといいでしょう。

2.パークランニングでカラダに新しい刺激を!

お気に入りのウェアに身を包んだら、パークランニングを楽しんでみましょう。せっかくの休日には、いつものロードコースではなく公園などのオフロードを目指して出かけてみるのもオススメ。

公園の芝生や適度なアップダウンを見つけて、スピードの変化を付けながら走ってみましょう。疲れたら歩いたり、寝転んでストレッチをするのもOK。公園によっては鉄棒にぶら下がったりして、カラダに普段ない刺激をいれてみてもいいですね。そうすることで、未開拓な筋肉や神経に刺激を与えられ、カラダの反応も高まります。

パークランを楽しむポイント

  1. 柔らかい路面を走ってみる(細かな筋肉がストレッチされたり、未開拓な部分に刺激が入る)
  2. 疲れる前に休憩!(運動強度が高すぎると少ししか走れません。休憩ポイントを考えておきましょう)
  3. 近くに公園がない場合は、河川敷やお城の周りもおすすめ!(無理にけもの道や植生を荒らす事がないようなコースを選択しましょう。)

3.アフターを充実させて楽しむコース設定

さらに、せっかくのGWには家族やお友達を誘うのも◎。バーベキュー場が隣接しているコースや、釣りや川遊びができるトレイルのコースなどを選べば、走らない人も楽しめます。東京近郊では和光樹林公園ならパークランニングとバーベキューが楽しめます。

いよいよゴールデンウィーク後半!パークラン&アスレジャースタイルで思いっきり楽しんでください。

「NY・西海岸で流行の「アスレチック+レジャー=“アスレジャー”」、どうやって楽しむ?」の画像
Pocket

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

白方 健一が執筆した記事

関連記事