2016年3月16日 INTERVIEW ランナー

モデル・大杉亜依里さんを輝かせ続ける“ランニングの力”

「モデル・大杉亜依里さんを輝かせ続ける“ランニングの力”」の画像
Pocket

モデル・タレントとして活躍されている大杉亜依里さん
今回は、TOKYO GIRLS RUNの2期生メンバーでもある彼女に、ランニングについてお話を伺いました。

凛としたオーラに人をひきこむ笑顔。
しかし度々、謙虚な姿勢とストイックさも垣間見られます…。

「モデル・大杉亜依里さんを輝かせ続ける“ランニングの力”」の画像

ランニングを始めたキッカケ

–そもそも、なぜランニングを始めたんですか?

TOKYO GIRLS RUNのオーディションがキッカケです。
それまで中学の部活動でテニスに取り組んだ以外、あまりスポーツには馴染みがありませんでした。
まずは「走ることに慣れる」ために、週5回欠かさず走ることから始めたんです。

–週5回はすごいですね!その頃は、どのようなコースを走ってましたか?

ちょうどランニングを始めた時期に、ランニングが趣味だった友人と湘南をランニングしたことがあります。
茅ヶ崎駅近くのランステを利用して16km。
4月だったから気候もちょうど良くて、湘南のシーサイドランは最高でした。
このとき「走るっていいな」って確信しましたね。

軽井沢ハーフマラソンにホノルルマラソン

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

氏田 あずさが執筆した記事

関連記事