2015年12月1日 RACE / EVENT レビュー

第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像
Pocket

第30回・ロサンゼルスマラソン(2015)大会レビュー

ロサンゼルスオリンピックをきっかけにスタートしたロサンゼルスマラソンは、2015年3月に第30回の記念大会を迎えた。

ロサンゼルスの内陸側のエリアにある「ドジャースタジアム」をスタートし、世界的にも有名なビーチ「サンタモニカ」までの42km。途中、ダウンタウンやリトルトーキョー、ハリウッド・ビバリーヒルズといったロサンゼルスの「The観光地」がこれでもかと目まぐるしく登場する。

 

2015年大会は3月にもかかわらず異例の暑さ(30度越え!)で、直前に運営者から参加者にメール連絡がありスタート時間が30分早まるという状況の中スタートした。

ちなみに、例年は20度前後とのこと。

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像

朝6:55、スタートの号砲が鳴り響きドジャースタジアムをスタート。

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像

スタートをくぐると、すぐに2マイルほど一気に下る。

お祭り的な雰囲気と後方から照らす朝日に気分が高揚するが、ここで飛ばすと実は後半にジャブのように効いてくるので注意しよう。

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像

 

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像

こちらはハリウッド周辺。あのハリウッドの道の真ん中を堂々と走れてしまうのはLAマラソンくらいでは!?

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像

沿道(?)の応援も魅力!

海外マラソンならではというか、ロサンゼルスの自由な空気が伝わってくるのが沿道の応援だ。

とにかく応援が陽気!元気!楽しい!そして近い(笑)

係員などの姿はほとんどなく、市民の方達ががっつりコースに入り込んでいる。もはや「沿道」ではなくなっている。道の真ん中で子供が飴を配っていたりする。

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像

こちらは沿道の方達とハイタッチの動画。こんな感じで最後の最後までハイテンションで迎えてくれる。

また、要所要所でライブ演奏している方達の姿も見かける。

このアーティスト達の曲に合わせて走りながらノリノリなランナーも多い。こちらは大人っぽく見えるが恐らく小学生くらいのバンドチーム。

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像

侮れない!ラスト3マイルの下り坂!

23マイルくらいからラスト3マイルほど、サンタモニカを目指して一気に下る。ここまでくると一安心。と思いきや、逆に35km以上走ってきてから4〜5kmも下りが続くと、きちんと脚が出来ていないランナーにとっては苦行となるだろう。(しかも今年は暑い・・)。

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像

いよいよ海が見えてくると最後の直線。一層ランナーと観客の一体感が増して盛り上がりを見せている。最後までロサンゼルスの空気を満喫しつつ、最後の力を出し切って一気に駆け抜けよう!

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像

周辺ランコース

ゴール地点となるサンタモニカビーチでは、大会開催日に関係なくランナーの姿を多く見かける。

ビーチの上に自転車やランナーに便利なアスファルトが敷かれていて、最高のロケーションの中ジョギングを楽しむことができる。

サンタモニカビーチのコース詳細はこちら

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像

いかがだったでしょうか。

観光も楽しめてしまうロサンゼルスマラソン。海外マラソン初心者でも楽しめるとても魅力的な大会だと言えるだろう。

「第30回・ロサンゼルスマラソン 2015 大会レビュー」の画像
Pocket

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

Runtrip主催のランイベント参加者募集中


Runtrip編集部が執筆した記事

関連記事