2017年3月6日 HOW TO

ランニング時間確保のために「寝落ち」がいい理由

「ランニング時間確保のために「寝落ち」がいい理由」の画像
Pocket

「ランニング時間確保のために「寝落ち」がいい理由」の画像

走ることをこよなく愛している皆さんは、日々、運動をすることで受ける恩恵に気づいているかと思います。心も体もフレッシュになれることが運動の良いところ。また、それ以外にも様々な研究から、ランニングのメリットが科学的にも報告されています。

ある米国の研究ではこう。2万7055人の女性を対象に運動量(1週間の消費カロリー)を調査。すると、最も運動量が多いグループは、最も少ないグループと比較して、心筋梗塞、狭心症、大動脈解離など心臓病の発症リスクが41%も低いことがわかりました。

また、ランニングについても研究されています。5万5137人を15年間追跡した研究では、1日にわずか5分だけランニングをしている人と、まったく運動していない人と比較すると、死亡率に30%の差がありました。もちろん、ランニングをしている方が、死亡率が低いのです。

このようなエビデンスがあると、もう走らざるをえないですよね。中長期に体に良い影響を与えますが、また、日々の充実にも関わるポイントについて、書籍『一流の睡眠「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略』でも紹介されています。

同書は“眠り”について分析している一冊。

皆さんには、「寝落ち」の経験はありますでしょうか。日中を活動的に過ごすことで、自然と眠くなり、気がついたら朝だったという寝落ちです。この睡眠方法はなかなか心地良いもの。

このような自然な睡眠へ導く働きを「睡眠圧」と言います。この睡眠圧、一般的には午前中は低く、覚醒時間が長くなったり、活動量が増えると睡眠圧が高まるのです。ただ、この睡眠圧、1日のなかで下がってしまう時間帯があるのです。それが、「19-21時」。そもそも、この時間帯は体が眠りを受け付けていないのです。早めに寝ようと思っても、なかなか寝付けないのはそのためですね。

逆にこの時間帯にすべきことがあります。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

 Runtrip主催のランイベント参加者募集中


ワニの左手が執筆した記事

関連記事