2017年1月26日 ITEMS

C3fit『スポーツウエア以上の価値』があるオススメアイテム

「C3fit『スポーツウエア以上の価値』があるオススメアイテム」の画像
Pocket

あらゆるスポーツウエアの中でも群を抜いて高機能なC3fit.

段階着圧でのコンプレッション効果、身体機能を整えるコンディショニング効果、そして動きを快適にサポートするコンフォート効果。この3つの要素でランナーのパフォーマンスをアップしてくれます。

これからランニングを始めたい方、まだ走り始めたばかりでフォームの矯正や疲労のリカバリーをしたいと考えているビギナーの方に、ラントリップがオススメするアイテムを3つご紹介します!

Inspiration Long Tights(インスピレーションロングタイツ)

 

「C3fit『スポーツウエア以上の価値』があるオススメアイテム」の画像

足首→ふくらはぎ→膝→太ももへと段階着圧機能を持たせることで血行促進効果が高いタイツ。

脚は身体全体の中でも大きい筋肉なので、動かすと無駄な動きをしてしまいがちな部分。筋肉が必要以上にブレてしまうことで、余計なエネルギーを消費してしまっているとか。それを抑えるだけでも運動効率がupするという優れもの。縫い目の当たりを軽減させたスマートシーム採用で、履き心地も抜群です。

Inspiration Gaiter(インスピレーションゲイター)

 

同じ素材で作られたゲイターもお勧め。これは膝から下の部位をサポートしてくれるタイプで、故障しやすい、疲労がたまりやすいふくらはぎに特化したアイテム。

段階着圧で血行を促進し、パフォーマンスを上げてくれます。また、ふくらはぎは一度怪我や故障をしてしまうと完治に一番時間がかかってしまう箇所なので、練習後すぐにサポートやケアに、自宅での療養時に、電車や飛行機、座っている姿勢など『走っている時間以外』で脚を労わることが大切になってきます。そんな時にこのゲイターがあれば心強い。手軽に使えるので、リカバリーアイテムとしてもぜひ一枚手元に持っておいていただきたいアイテムです。

Impact Air Long Tights(インパクトエアロングタイツ)

「C3fit『スポーツウエア以上の価値』があるオススメアイテム」の画像

こちらはテーピング機能が備わっているタイツ。ランナーに多い故障箇所である膝や腰をサポートしてくれます。

補正したい部分(固定)と動かしたい部分(伸縮)で生地が変えて作られており、補正の為に生地を二重にしないことで軽量を実現。運動時の足の動きに沿うように考えられた3D設計になっています。他のタイツと比較して履くのに少々時間を要するが、テーピング効果でしっかりと動きをサポートして怪我や故障を予防してくれるので、ビギナーの方に強くお勧めしたいアイテムです。

Mag Flow Regular Socks(ソックス)

 

C3fitには足裏のアーチをサポートするテーピング効果があるものや、足の踏ん張りがきく5本指のソックスものなど名品がたくさんありますが、こちらはなんと、ソックスに磁石が縫い付けられており、足裏の血行改善効果があるのだとか。

ちょうど土踏まずのところに磁石があり、走った後の足底の疲労やコリにダイレクトにアプローチしてくれそうな構造に期待が膨らみます。トレーニング時やレース時に使うよりは、日常生活やリカバリーの時間に履いていただけるようにデザインもシンプルながらお洒落なものになっています。踵から下はより地面への接地に近い箇所のため、ランニングにおいてソックスは隠れた重要アイテムです。動きを計算され尽くして作られているソックスがラインナップされているので、シーン別に使い分けてみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたか?

C3fitにはたくさんのラインナップがありますが、今回は運動時にもリカバリーにも活躍するアイテムにフォーカスをしてご紹介させていただきました。ランニングのアイテム選びはデザインやカラーだけではなく、”機能”も重要な基準です。怪我や故障に悩まされない快適なランニングライフを送るために、C3fitは皆さんの心強い味方になってくれるはず。

毎回一流講師を招き、座学と体験を交えたC3fitのRun Workshopが3月末まで開催されていますので、ぜひ参加してみてくださいね!

【問い合わせ先】
NEUTRALWORKS.TOKYO(ニュートラルワークス.トーキョー)
TEL:03-6455-5961

「C3fit『スポーツウエア以上の価値』があるオススメアイテム」の画像
Pocket

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

Runtrip主催のランイベント参加者募集中


北川 麻利奈が執筆した記事

関連記事