これは靴下? シューズ? 持ち運びに便利な「レイトアップ」でフルマラソンを走ってみた

「これは靴下? シューズ? 持ち運びに便利な「レイトアップ」でフルマラソンを走ってみた」の画像
Pocket

帰宅ランや出張先でのトレーニングなど、「ランニングシューズを持ち運ぶのは嵩張って大変」というシーンは少なくありません。いくら軽量化されたシューズでも、鞄に入れればそれなりの場所を取ります。しかし今回、そんな悩みを解決してくれるかもしれない斬新なシューズを見つけました。それが・・・

「これは靴下? シューズ? 持ち運びに便利な「レイトアップ」でフルマラソンを走ってみた」の画像

こちらの「レイトアップ」です。靴下のようにも見えますが、ちゃんとインソールも入っているシューズ。非常に軽く、ペタペタなので持ち運び簡単です。しかし本当に走れるのか・・・と、疑問を抱かれる方は多いことでしょう。私も初見ではそう感じました。そこで実際に、先日開催された「湘南国際マラソン」にこのレイトアップを履いて出場。自らその履き心地を体験してみましたので、詳しくご紹介します。

邪魔にならない超軽量設計

「これは靴下? シューズ? 持ち運びに便利な「レイトアップ」でフルマラソンを走ってみた」の画像

レイトアップには、靴下のような本体に薄めのインソールが入っています。インソールは簡単に抜き取ることが可能。本体はまさに“靴下”と同じような布製で、測定部分のみゴム質になっていました。インソールを抜けば丸洗いできるので、清潔な状態を保つのも簡単です。

見ての通り本体部分はペラペラ。折りたためば、ほぼソールの厚さと変わらないほど薄くなります。インソールはスポンジのような素材で作られているので、驚くほどの軽量性。26cmの場合で、なんと片足72gしかありません。これなら鞄の空いた場所へスッと入りますし、荷物が重くなることも避けられそうです。

実際にフルマラソンを走ってみた

「これは靴下? シューズ? 持ち運びに便利な「レイトアップ」でフルマラソンを走ってみた」の画像

スピードコースで人気の高い「湘南国際マラソン」を、実際にレイトアップで走ってみました。結論としてはしっかりフルマラソンを完走できたのですが、いくつか感じたポイントをご紹介していきます。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

三河賢文が執筆した記事

関連記事