2016年12月5日 HOW TO

ランナー同士の飲みの席に“男”はいるか!! 「いいお酒」「わるいお酒」の差とは

「ランナー同士の飲みの席に“男”はいるか!! 「いいお酒」「わるいお酒」の差とは」の画像
Pocket

「ランナー同士の飲みの席に“男”はいるか!! 「いいお酒」「わるいお酒」の差とは」の画像

グループランニングのメリットって?

皆さん、ランニングをする時は一人で走りますか。それとも、グループで走りますか。どちらもメリットがありますが、同じレベルのランナーが集まって走るグループランは、なかなか刺激になりますよね。

まずは、ライバルランナーとのスピードや体力がよくわかりますので、「負けたくない」と、モチベーションがあがります。同じような悩みを抱えていることも多いので、良き相談相手にもなりますよね。また、一人ではなく会話がうまれるので、飽きることなく長距離を走ることができます。

さて、そんなグループランの楽しみは、トレーニング後にもあります。一緒になって「お酒を飲む」場があると、さらに刺激を受けることができるでしょう。

今回は、そんなお酒に関係するお話。皆さん、「いいお酒」「わるいお酒」を意識しながら飲んだことはありますか?

「いいお酒」とは、何も高級で美味しいお酒ばかりを飲むことではありません。これまで、居酒屋を後にして帰宅している際に、「今日は楽しかったなぁ」「いい刺激をもらったなぁ」と思うことはありませんか。

「飲み会を終えて元気になっていることがある」と語るのは、書籍『男の条件』の著者・永松茂久さん。つい飲み過ぎて、翌日に疲れがどっと押し寄せてしまうのは、お酒好きの“あるある”ですが、そうではない席があるのです。

「ランナー同士の飲みの席に“男”はいるか!! 「いいお酒」「わるいお酒」の差とは」の画像

「いいお酒」とは“男”と飲むことができた時

永松さんは、なぜ、元気になるのかを分析。そこには、ある共通点があると同書で紹介しています。それは、「“男”と飲むことができた時」。単純に同性と飲んだのではなく、同じ志をもって、前向きに歩んでいる者と飲んだ時です。

「うまく説明できないが、ただ大騒ぎして楽しいときとは違う、深い何かが共鳴し合ったときのうれしさは言葉では表現することができない。こんな男と過ごせる感動は、自分の中でずっと続く」(同書より)

そういう意味では、同じランナーとして厳しいレースに挑んでいる仲間との席は、“共鳴”の機会が多いのではないでしょうか。単純に笑い話だけをする席よりも得るものが多そうです。グループランの後に、少し飲みたくなってしまうのは、こういった「いい酒」を楽しめるからでしょう。

一方で、「わるいお酒」についても言及されています。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

ワニの左手が執筆した記事

関連記事