2016年11月29日 HOW TO

「3時間9分27秒」でフルマラソンを走る俳優・鶴見辰吾さんも、“キツめのシューズ”を回避

「「3時間9分27秒」でフルマラソンを走る俳優・鶴見辰吾さんも、“キツめのシューズ”を回避」の画像
Pocket

「「3時間9分27秒」でフルマラソンを走る俳優・鶴見辰吾さんも、“キツめのシューズ”を回避」の画像

51歳の初マラソンの結果が3時間12分58秒。

少しでもフルマラソンを走った経験のある人にとって、驚きの数字ではないでしょうか。これは2015年の第1回横浜マラソンでの結果。後に距離が短かったことが判明し、幻となったのですが、2度目の同大会では、なんと3時間9分27秒で走りぬけました。

この素晴らしい記録の持ち主は、鶴見辰吾さん。最近では映画『シン・ゴジラ』などにも出演している実力派俳優です。マラソンに挑戦する前からは、ロードバイクを愛しており、初代の故・忌野清志郎さんに続き、2007年には2代目自転車名人に選出されました。普段からバイクでカラダを作っていたとはいえ、初マラソンで素晴らしい結果を残し話題となりました。

「ロードバイクに乗っていたため、ある程度体は絞れていたものの、本格的なランニングは未経験。というより、長距離を走るのは学生時代から苦手だったし、ハッキリ言って大嫌いだった」

このように自著『51歳の初マラソンを3時間9分で走ったボクの練習法』でふり返っています。同書では、驚異的タイムがなぜ生まれたのか、その秘密を公開。今回は、鶴見さんの成功のメソッドの中から、競技の際に選んだアイテムについて抽出し、ご紹介したいと思います。同世代、同レベルの方々には、成功者の選んだアイテムということで大変参考になるのではないでしょうか。

人気記事が読み放題!

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

ワニの左手が執筆した記事

関連記事