2016年11月18日 NEWS

箱根駅伝の珍事、道を大胆に間違った「寺田交差点」はなぜ生まれたのか!?

「箱根駅伝の珍事、道を大胆に間違った「寺田交差点」はなぜ生まれたのか!?」の画像
Pocket

冬のスポーツの代名詞とも言える箱根駅伝。開催まで残り1カ月と少しとなりました。これまで、数々の名シーンを生んだ同大会ですが、2011年大会もインパクトがある大会でした。ここで生まれたのが「寺田伝説」。皆さん、思い出しましたでしょうか?

この珍事とも言える「寺田伝説」は、國學院大の1年生アンカーである寺田夏生さんが起こしたもの。まずは、同シーンをふり返ってみましょう。

例年のように白熱するシード権争い。2011年大会も例外ではありませんでした。鶴見中継所(復路)で、第9区走者奥龍将さんから襷を受け取った寺田さん。その時の順位は11位でした。また、8位の城西大から13位の山梨学院大までの差は、わずか1分9秒。その間に、帝京大、國學院大、日本体育大、そして、いまや優勝候補にもなる青山学院大がひしめいていたのです。この6大学のうち、シード権を得られるのは3大学のみ。文字どおり、熾烈な戦いとなったのです。

寺田さんは持ち前の粘りを発揮。一時は8位まで順位を上げました。そんな中、帝京大と山梨学院大が脱落。シード権争いは4大学にしぼられました。國學院大の前田監督は、混戦になっては勝負が見えないために、寺田さんにロングスパートを指示しましたが、当人はまったく動き出すことはありませんでした。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

ラントリップに出かけよう

走りたくなるような素敵な道が簡単に見つかる「ラントリップ」を使って、あなたの知らない地域の魅力を探しにいきませんか? もちろん、途中で歩いても立ち止まってもOK。どんなルートを走るのかも、全てあなたの自由です。 時にはタイムや順位を忘れて、心と体を解放して走ってみるのも楽しいかもしれません。

ワニの左手が執筆した記事

関連記事